スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肌を生き生きと

夏も終わり、ヒンヤリとした季節が訪れ始めると、ささくれが気になる季節になります。

そんな、ささくれを予防するためには、乾燥し始める秋のうちからケアをしておく必要があります。

ささくれの原因は、甘皮を切ってしまうことによる乾燥や、除光液の使いすぎ、皮膚を切った怪我などがあげられます。

いずれにしても、爪や爪の周りを皮膚が乾燥してしまうことが原因といえるようです。

やはり、こういうときは、ハンドクリームを塗って、マッサージを行うとよいかと思います。

指や手の皮膚だけに塗るのではなく、甘皮まわりを意識し、オイル分を甘皮の中に入れ込むような気持ちでマッサージをするのが、効果的です。

指の1本1本丁寧に行うのがポイントです。

夏が終わるころ、手足がカサつき始めるのを感じる人は、多いかと思います。

そこで、おススメしたいのが、手軽な素材を使ったクリームです。

材料は、アボガドとオリーブオイルだけです。

アボガドは皮と種をのぞいてつぶし、ペースト状にしたら、オリーブオイルを適量たらします。

オリーブオイルでちんこを大きくする方法

それをよく混ぜるだけで、簡単クリームのできあがりです。

これを手や足のカサつく部分に塗布します。

ラップでくるんで20分ほど、そのままにし、水で洗い流します。

カサつきで気になるといえば、かかとです。

軽石でこすって、すべすべになる程度のガサガサなら、入浴時にボディクリームを塗り込むだけでいいでしょう。

しかし、ガサガサがひどいようならば、薬局でワセリンを買い、それを塗布し、上からラップを覆ってソックスをはいて寝るのが効果的です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。